高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

落語って、素晴らしい。。。


笑点は、小さい頃から見ている。。。

子供ながらに落語家さんの話が理解できて、ふとしたツボが楽しかった。。。

今でも、「日曜日のお約束」だ。



これまでに、笑点メンバーの桂歌丸さん・三遊亭小遊三さん・山田くんとともに座布団運びなどで
登場している、桂枝太郎さんなどの高座を見てきた。。。

そして今回、「いつか絶対聞きたかった・・・!」、春風亭昇太さんと林家たい平さんの高座にっ!!!
d0056881_21254573.jpg

さまざまな落語家さん達がやっている「二人会(ににんかい)」。

その中で、このすごい2人の高座を、1度に堪能できるんですよ。。。
d0056881_2126978.jpg

チケット発売日に買い、2ヶ月以上この日を待っていました・・・(笑)。



・・・素晴らしい落語でした。

たくさん笑って、たくさん唸る部分があって。。。

ジャンルは全く違うけれど、自分も喋り手として勉強する部分がいっぱいで。。。
d0056881_21262556.jpg


たい平さんは、古典落語の中に「旬」な出来事や人物をまじえていて、ブラックユーモアが
テレビのような公共の場では聞けないようなエッセンスになっているのが、刺激的でしたね。

以前、桂枝太郎さんに取材した時に熱く語っていた「笑点が、落語のすべてではない」という意味を、
ここで再認識できた、圧倒される落語でした。

表現力・・・なんですよね。

20分を超える話でね、絵が見えるような言葉の数々なんですよ。

たい平さん、テレビで見ていた以上に尊敬しちゃいました。。。



そして、春風亭昇太さんが、大トリで。。。

この方も、実力のすごさ・・・というか、聞いている人を自分の空気に巻き込むすごさ・・・というのを
実際に高座を見て感じた落語家さんです。

笑点の裏話から、おそらくオリジナルであろう・・・新作落語への絶妙なタイミングへの転換。。。

昇太さんは大トリだった・・・ということもあってか、30分くらいは喋っていたんじゃないかな。

一瞬たりとも聞き逃せず、見逃せず・・・たくさん笑ったなぁ。



笑点の落語って、本当に「一部分」なんですね。

奥の深さと居心地のよさを感じた、今回の二人会でした。。。

これは、定期的に続けていきたい探検です。。。



ところで・・・

帰りがけに、偶然昇太さんに会い・・・
d0056881_21361987.jpg

まさかの嬉しさで、思わずサイン・・・もらっちゃいました(笑)。
by nao-takatoh | 2009-09-20 21:26