高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

コーラスライン。。。


1984年~オンエアされていた、SONYのビデオテープ・カセットテープのCMソングが大好きだった。

TERI DESARIO(テリー・デサリオ)という女性ボーカリストが歌う「オーバーナイト・サクセス」は
衝撃だった。。。

ブロードウェイのダンサーオーディションの光景がCMの最後に流れる、強烈な曲とシーンのインパクト。

兄が、その曲のレコードを買い、兄がいない間に部屋で何十回も聞き、一緒に歌っていた。
d0056881_11573214.jpg

今でも、そのジャケットのデザインも、素敵だったなぁ。。。



その後・・・映画「コーラスライン」の存在を知った。
d0056881_1231359.jpg

元々は、ブロードウェイで1975年に初演されたミュージカルの映画化。

1人1人のダンサーがブロードウェイの舞台に立つ・・・という夢を追いかける、最終オーディションの
風景を描いた内容。

しかし、メインダンサーではない・・・「コーラス(その他大勢組)」のオーディション。

ダンサーそれぞれの個性が際立ち、踊りのうまさに一瞬でも見過ごすと損をするんじゃないか・・・と
思うくらいの、素晴らしい作品だった。

ただ踊るだけでなく、個々の心が吐露される人間模様も10代の私にとっては心に残ったなぁ。

レコードと同じく、この映画もビデオで何十回観たことだろう。。。

昨日の夜・・・久し振りにこの映画を観た。
d0056881_11485740.jpg

私が行ったレンタルショップではDVDがなく、ビデオだったところも逆によかった。




作品中のオーディションを仕切っているディレクター役が、あの「マイケル・ダグラス」なのだ!
d0056881_1215693.jpg

今や、渋みのある俳優さんだけれど・・・1985年だから24年前よね・・・相当若い!

マイケル・ダグラスの若さで時代の流れを感じつつも、内容やシーンは20年以上前の映画だとは
思えないくらい、フレッシュ感があり、躍動感にあふれていた。



かなり前置きが長くなってしまったけれど・・・
d0056881_1148947.jpg

昨日、劇団四季のミュージカル「コーラスライン」を観てきてね、映画から飛び出した立体感と
躍動感あるキャストの踊りや歌に、いろいろ触発されてしまい。。。

ミュージカルのあと・・・同じ内容の映画までその晩遅くに観たくなってしまったのです。
d0056881_11483729.jpg

四季でも1979年から上演30周年を迎えた作品。

大勢のダンサーから17人が絞られ、最終的に男性4人・女性4人が選ばれるまでのシーン。。。

生存競争の厳しさを感じつつも、踊りが好きという何にも変えられない主張を踊りで表現される
このミュージカル。

最後は、爽快感がいっぱいになった。。。

だって、名曲「ONE」を、生で聴けたし・・・ゴールドの衣装とハットを身に着けたダンサーが
きれいに並んで踊るシーン・・・

鳥肌が下から「ザワ~ッ!」ですよ。

撮り直しのきかない舞台で、一糸乱れぬラインをキープしていたキャストの皆さんに、感動。。。

あれは、相当・・・本当にかなりのリハーサルをしたはずである。。。

深夜まで、コーラスライン漬けでした。





ところで・・・

余談なのだけれど・・・

映画で登場した、メイン級のダンサーは「アリソン・リード」という女優さんだった。

すらりと背が高く、素晴らしいプロポーションで、踊りのうまさと顔立ちの美しさで見とれてしまうほど
だった。

日本の飲料水のCMにも、出演していたらしい。。。
d0056881_120331.jpg

テレビ版「ハイスクール・ミュージカル」シリーズ、そして「ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー」
を観た方・・・

この女優さんが出ているのです。

私、「ハイスクール・・・」は熟観しているので、「どこに・・・?」と、かなり考えてしまいました。。。

そうしたら・・・分かりました。

要所要所で出てくる、「ダーバス先生」役です。

でも・・・



アリソンさ~ん!!!!!
by nao-takatoh | 2009-11-06 11:49