高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ジーザス・クライスト=スーパースター。。。

今年も、この作品が上演されることになった。

劇団四季のミュージカル「ジーザス・クライスト=スーパースター エルサレム・バージョン」。
d0056881_9463747.jpg

イエス・キリスト(ジーザス・クライスト)が亡くなるまでの1週間を描いたこの作品は、
1973年、中野サンプラザのこけら落としで初演されたもの。
d0056881_946522.jpg

当時、劇団四季は20周年を迎え、この節目に「ジーザス・・・」を選んだそうだ。

すでに1971年~、ニューヨーク・ブロードウェイで披露されていた・・・ということで、今年で
もう40年になるんですね。。。

過去にこの作品を観たことはあったので、今回は2度目の挑み!

作品がデリケートで、舞台も空気感も非常にシンプルなので、今回も食い入るように私は
観ていたと思う。

「セリフ」という単体のものはなく、音楽にのせて歌う歌が物語を見せてくれるのだ。

1人1人の役者さんが目立つが故、その分鍛えあげられた人でないと演じきれない部分が
あるように思った。

芝 清道さんが演じるキリスト。

いろいろな作品の主役を演じているものの、私が観に行った時のキャストではなかったため、
今回初めてこの役者さんの姿を見た。

何よりも、歌がとてつもなくうまい!

そして、キリストという存在感の堂々たる威厳。。。

その歌で、情感が伝わってくる凄さ。。。

切ないシーンが多いものの、そこにはストーリーの情熱が直球で来る、四季の中でも別格の
作品だ。

昨日は初日ということで、自由劇場の入り口には劇団四季・代表の「浅利慶太さん」の姿も
あった。。。

一瞬、目があった。。。

鋭い目には、私の姿はどう映ったのだろう。。。

この方は、人の体形を見ただけで、どのくらいの歌唱力を秘めているのか瞬時に分かって
しまうそうだ。。。

・・・きっと、私のレベルは見抜かれていただろう(笑)。




今回は、エルサレム・バージョン。

5月7日(土)までの上演です。

5月14日(土)~29日(日)は、ジェポネスク・バージョンに。

こちらは、白塗りの歌舞伎メークになります。

同じ作品ながら、全く違うオーラが舞台から伝わってくるのでしょうね。。。
by nao-takatoh | 2011-04-14 09:46