高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

三遊亭遊喜さん@新宿末廣亭。。。

鈴本演芸場(上野)
浅草演芸ホール
池袋演芸場
・・・そして、100年以上もの歴史を誇る、新宿末廣亭(以上4軒が都内の落語定席)。
d0056881_0212961.jpg

木造の・・・とても古きよき情緒を感じられる末廣亭に、初めて行きました。
d0056881_0215152.jpg

これまで、桂枝太郎さん(歌丸さんの最後のお弟子さん)の高座を聞きに行く事が多かった
んだけれど、今回はその枝太郎さんと同じ時期(2009年5月)に真打に昇進した、
「三遊亭遊喜(ゆうき)」さんの高座をメインに、レッツ・ゴー♪
d0056881_021864.jpg

聞きやすいトーンに、キレのある話の展開・・・

真打としてのキャリアも着々と重ねてきている厚みが、高座からも伺い知れて・・・

やはり、日々重ねていくことの大事さを確認させてくれた事が、今回も大きな収穫。。。

それに、落語の「間(ま)」のすごさは、いつ聞いても圧巻。。。

ラジオに通ずるものが多くてね・・・仕事に対してのエネルギーをもらえる機会なのです。


場内の「THE 和風」な佇まいも、本当に落ち着けたしね・・・

だって、中央は椅子なんだけれど、左右は桟敷席になっているのですよっ!

味が、あるでしょ?

機会があったら、是非お出かけくださいね。

ちなみに、遊喜さんは末廣亭上席(かみせき)の夜席に現在出演中です。

毎月1日~10日が上席(かみせき)
   2日~20日が中席(なかせき)
   21日~30日が下席(しもせき)
・・・と言います。

よって、31日がある月の場合・・・日々忙しい落語家さんは31日は高座に上がらないんだそうです。

仮に、自身の結婚式を挙げる時も、寄席がない31日にする落語家さんが多い・・・とも。

他の日だと、招待したい落語家さんが高座に上がっていて忙しいから・・・だとか。

・・・落語の違う側面も、「世界の山ちゃん」での打ち上げで、遊喜さんから学びました。
d0056881_0224844.jpg


「山ちゃん」の手羽先は、私の大好物♪
d0056881_023324.jpg

手羽先を3人前注文して、私は2,5人分は独占したかな(笑)。
d0056881_024632.jpg

よく、「カニを食べている時は、みんな大人しくなる・・・」って言うでしょ?

私の場合は、この手羽先を食べている時は、そうかも・・・(笑)。


最後に・・・

遊喜さんは、笑点メンバーでもおなじみの「三遊亭小遊三」さんの、お弟子さん。。。

師匠の背中を見、いつの日か師匠の大技を修得することを期待したい・・・そんな夜でした。
by nao-takatoh | 2011-07-05 23:25