高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

智惠子の紙絵と写真がつなぐ親子展。。。

「椿山荘」と「フォーシーズンズホテル椿山荘 東京」で開催されている、作品展。。。

『智恵子抄創刊70周年記念 智惠子の紙絵と写真がつなぐ親子展』に。。。
d0056881_021050.jpg

智恵子さんとは・・・高村智恵子さんです。

教科書でも、名前が出てきましたよね・・・「智恵子抄」の、あの方です。

小さな、マニキュア鋏1本で切り絵をした紙絵の数々・・・

それが、写真のデジタル処理でね・・・復刻なのに、写真ではなく、まるで本物の紙絵が目の前に
飾られているかのような立体感なんです。。。
d0056881_23462527.jpg

去年(5月26日のブログを是非)、智恵子さんの作品を見に行きました。

今回も、あまりの繊細さ・・・あまりのリアルさに、しばし動けず。



この智恵子さんのご主人であり、詩人・彫刻家であったのが、これまた教科書でも有名な
「高村光太郎」さんです。

「智恵子抄」を書いた人であり、中でも「レモン哀歌」のせつなさは、小さいながらに衝撃だったのを
覚えています。



そして、この光太郎さんのお父様が、言わずもがな・・・彫刻家の「高村光雲」。

上野の「西郷隆盛像」が、1番有名でしょうか。。。

この方も、教科書ではお馴染みの芸術家。

作品の多くは、宮内庁が所有していたり、重要文化財になっていたり・・・

この「光雲」「光太郎」の親子展も、開催されています。
d0056881_2349372.jpg

ヤスリを使わず、彫刻等だけで滑らかさを表現している、木像や銅像・・・

動物は生きているように・・・

人間は、呼吸をしているかのような躍動感に満ちていました。。



光太郎さんの弟・・・「高村豊周(とよちか)」さんは、鋳金(ちゅうきん)家。

豊周さんの息子さん・・・「高村規(ただし)」さんは、写真家。

そして、規さんの息子さん・・・「高村達(とおる)」さんも、写真家。

・・・すごいです。

この、光雲のひ孫にあたる高村達さんとは、20年以上前・・・北海道ロケで知り合いました。

自宅が近かったこと・・・お互いの祖先のお墓も同じ場所だったこと・・・歳も近かったこと・・・

いろいろなことが合い、以来 いろいろな写真や、このブログの写真もbayfmで使っている写真も
高村達さんに撮ってもらっています。

現在は、「光雲」と「光太郎」の親子展ですが・・・

21日からは、「規・達」展になります。

智恵子さんの作品で、心が穏やかになり・・・

光雲&光太郎の作品で、息づかいを感じられ、満たされた時間でした。。。
by nao-takatoh | 2011-08-18 00:31