高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

高頭なお with 劇団四季。。。

現在、六本木ヒルズ・森アーツセンターにて開催中の「大英博物館 
古代エジプト展」。

劇団四季の四季劇場[秋]でアンコール上演中の『アイーダ 愛に生きた王女』も
また、古代エジプトを舞台にしたラブストーリーという縁の深さもあり、このたび
森アーツセンターでイベントが行われました。

この展示会の素敵なところは、毎週金曜日の閉館後・・・夜10時~11時30分
まで開催の「ナイトミュージアム」。

昼間とは趣が違った時間・空間の中で見る歴史的展示物は、これまた雰囲気が
ありますよ。

その記念すべき第一回目のナイトミュージアムには、「アイーダ」で主役の
「ラダメス」を演じている四季を代表する役者さん「阿久津陽一郎さん」と
エジプト壁画研究家の「村地笙子さん」をお迎えして、お客様を交えた
トークショーが行われました。

日本初公開となる世界最長・全長37mの“死者の書”「グリーンフィールド・
パピルス」(死後のガイドブックのようなもの)は、圧巻です。

劇団四季のHP「最新ニュース」の7月15日号に、詳細が載っています

http://www.shiki.jp/navi02/news/019742.html

当日司会をさせていただいた私も、ちゃっかり写真におさまっています
ので(笑)、ご覧になってくださいね。

それにしても、興味深い村地さんのお話に阿久津さんの迫力ある目力・・・

ファンである四季のお仕事ができた感動も手伝って、とても素敵な夜になりました。。。
by nao-takatoh | 2012-07-16 19:39