高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

劇団四季「桃次郎の冒険」。。。

最初に言いますが・・・

私、泣きました。。。
d0056881_13173060.jpg

今年の夏のファミリーミュージカル「桃次郎の冒険」。。。
d0056881_135541.jpg

ライオンキングを公演中の秋劇場のお隣・・・自由劇場です。


「桃太郎なんか、今でもどうして話にでてくるんだ?」と、昔の物語に
否定的な少年・桃山次郎は、桃太郎の弟「桃次郎」となって、男を試す
ため、鬼ヶ島へ鬼退治に。。。

そこには、心優しい鬼の子「スモモ」と仲良くなって・・・

でも、桃太郎に親の命を奪われた他の鬼の子たちからは敵対視。

そんな中、ある者によってスモモの命が・・・

というお話。

今回の伏線は、スモモの妹「アンズ」。

彼女は、親と同じく、桃太郎に命を奪われてお地蔵様になっているのですが、
このアンズを演じていた「生形理菜」さんという役者さんが、素晴らしかった!

涙を流しながら、その役に入っていて・・・

まず、そこで私ももらい泣き。。。

そして、劇団四季のファミリーミュージカルのお約束・・・最後に会場の
お客さんと役者さんとで大合唱をするんだけれど、その歌の詞・曲が
これまた泣けた・・・

終演後には、これまた来た人にだけのお楽しみ・・・役者さん達が会場の
出口に出てきてくれて、握手ができちゃう。

私は、真っ先にアンズ役の生形さんのところにGO!

「このお客さん、相当テンション高い・・・」と思われたかもしれない
けれど(笑)。、両手でガッチリと握手をさせてもらい、お話させてもらった!


「ファミリーミュージカル」→子供のための・・・という概念ではなく、
「大人が子供の目線になって、忘れていた感覚を呼び起こしてくれるもの」という
表現がピッタリな、作品だった。

1つ1つのセリフにちゃんと意味があって、その奥深さに感動できる・・・

非常に完成度の高いものだった。。。

d0056881_12562820.jpg

9月2日(日)までです・・・是非おすすめします。
by nao-takatoh | 2012-08-25 05:48