高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

日本美術にトライ!

上野は、小さい頃から慣れ親しんでいた場所・・・
でも、ここは、敷居が高くって、今まで足を踏み入れていなかった。
「東京国立博物館」だ。
d0056881_22253888.jpg

d0056881_22255557.jpg

上野駅周辺には、いくつかのミュージアムがあるけれど、ここは
独特な空気。。。
d0056881_22261585.jpg

しか~も!
明日から始まる「対決 巨匠たちの日本美術」という、これまた
高尚なタイトルの展覧会の内覧日・・・という事もあってか、お客さんの
層が、尋常じゃないくらいのハイソな雰囲気だった・・・(汗)。
d0056881_22263690.jpg

まさに、焦った・・・と同時に、「作者の名前を数名しか知らないで
来ている私は、無謀・・・」とも思った。。。
d0056881_2227944.jpg

がっ!!!
・・・日本美術に興味が出た結果になったのだ。

「これまで日本美術に名を残した巨匠たちを、2人1組にして、
それぞれの傑作で競う・・・」という、この展覧会。
「運慶VS快慶」「雪舟VS雪村」「宗達VS光琳」「歌麿VS写楽」
「鉄斎VS大観」・・・・・・・・
それぞれの作風が、比較して飾られていることによって、同じような
テーマでも全く違う表現になっていたり、師弟関係の頃は作風が
似ていたのに、時間が経つごとに、「弟」の方が自分らしい作品を
確立していったり・・・。
その違いの「妙」が、すごく興味深かったのだ。。。

そして、今回 私が1番感動したのは、ただ国宝級の作品が展示
されている・・・というだけではなく、その対決が「ナレーション式」に
なっていたこと。。。
イヤホンでね、その音声を聞きながら周れるのですよ。
ナレーター界・声優界の大御所の方々が、一同に会している部分が、
貴重だと思った。
抜粋してご紹介を・・・

古川登志夫さん「うる星やつら・・・諸星あたる役」
槇大輔さん「ニュース番組などのナレーションで、聴かない日がないくらい」
玄田哲章さん「シュワちゃんの吹き替え」
野沢那智さん「ブルース・ウィリスの吹き替え」
小林清志さん「次元大介の吹き替え」
など・・・
そして、なんとbay fmでもおなじみの、森久保祥太郎さんも若手として
声の出演をしていてね・・・誇らしかったなぁ・・・。

このナレーションがあったからこそ、よりリアルに時代背景を感じる事が
できたし、その作者の人となりが伺えたのかもしれない。

すごく、身近に作品を感じることができる・・・でも、これだけの作品が
集まる事は、なかなか難しい・・・。
このギャップが、たまらない満足感に導いてくれたんだと思う。。。
7月8日~8月17日まで。。。
東京国立博物館の平成館にて。。。

グッズ売り場も、大充実♪
d0056881_2228917.jpg

・・・すごかった・・・ほんとにおすすめです!
by nao-takatoh | 2008-07-07 22:28