高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日本郵船 氷川丸。。。PART2

今度は、船の心臓部に。。。

まずは、「操舵室」。
見たこともない機械?装置?が、たくさん!
d0056881_23203527.jpg

目の前に広がる視界もパノラマのよう。。。
ワクワクしながら、舵取りをして満面の笑顔になっている大人たち、大勢(笑)。

そして、これが今回最大の驚き!「機関室」。
d0056881_23205099.jpg

・・・要は、車のボンネットの内部みたいなイメージなんだと思う。
でも、規模が「こんなに!?」っていうくらい、高くて広くって・・・!
だって、何層にも(何階にも)なってるんですよ、ここ。。。
d0056881_2321737.jpg

写真で、その奥行き感・・・伝わるかなぁ。。。
迷路のように階段があってね、上に下に・・・と、船員さん達は忙しく動いて
いたんだと思う。。。

・・・さて、また「ジャック&ローズ」気分になってもいいですかね。
d0056881_23212780.jpg

このデッキ・・・まさに映画のワンシーンですよね。
d0056881_23225173.jpg

このボートも・・・

part1で書いた、フレンチレストラン「ハーバービュー」は、もう閉まって
いました。。。
d0056881_23215951.jpg



ちょっとミーハーすぎたので、ここで「氷川丸」のお勉強も・・・
氷川丸は、シアトル航路用に建造された、貨客船だったそうです。
1930年に処女航海し、1960年に第一線を退くまで、この氷川丸は
太平洋を254回も横断したと・・・。
豪華な設備とサービスで、当時はチャーリー・チャップリンをはじめ、
多くの著名人に愛されたそう。

船内にいたら、船は係留されていて動かないのに、まるで目的地に
向かっているように・・・動いているようにも感じちゃったのね。
太平洋を横断するのは、一体何日かかっていたんだろうか・・・船の中で
いろんな人との出会いがあって、ドラマがあって、降り立つ場所に思いを
馳せていたんだろうね・・・。
d0056881_23231478.jpg

とてもいい場所に行った。。。
数時間もいられるのに、大人料金200円!
現実を離れられる時間・・・ここで是非。
by nao-takatoh | 2008-10-20 23:24