高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

映画「ブーリン家の姉妹」。。。

どれを観ようかな・・・
そんな「勘」で、今回は選んだ。
ナタリー・ポートマン&スカーレット・ヨハンソン主演「ブーリン家の姉妹」。
歴史ものに、飛び込んでみた。


d0056881_2185555.jpg
・・・せつないわ。
普段、映画を観終わった後は テンションが上がっているのに、これは
「・・・ふぅ。」だった。


16世紀のイングランドが舞台。
ヘンリー8世には男の子が生まれず、妻との間に溝ができつつあったん
だよね・・・
そんな頃に、「家の繁栄のために・・・」と、自分の娘をヘンリー8世の愛人に
して、男の子を生ませようとしたブーリン家があったわけ。
姉妹でね・・・アンがお姉さんで、メアリーが妹。

アンは その話に乗り気になったんだけれど、ヘンリー8世が選んだのは、
妹のメアリー。
・・・この時点で、せつないでしょ?

でもね・・・ここから、話はどんどん激しく、入り組んでいくんだな・・・。
結局、アンが正式なイングランドの王妃の座を射止めるの。
・・・ますます、話がややこしいでしょ?
・・・最後まで、ドキドキだから。

姉妹だからこそ、哀しく・・・はかなく・・・せつない・・・。
イングランドの歴史を変えた出来事を、映画にしています。


・・・原作を読んで・・・いや、歴史を知ってから観たら、より入り込めたと思う。
でも、とにかく「見栄や家の格式を守るために・・・」という、大前提の展開が、
どうも納得できなかったね・・・。
「本当の幸せって、何なの~!!!」って感じ。
時代がそうだったのかもしれないけれど、2時間で一家の光と影を見た。。。


16世紀の衣装は、それはもう目を見張る美しさだっただけに、ストーリーとの
ギャップがたまらない作品だったんだよね・・・
さらに、ヘンリー8世を演じた「エリック・バナ」が、かっこよすぎてね・・・
d0056881_21205753.jpg

この王が許せなくなってきたり・・・
ナタリー・ポートマン(アン役)とスカーレット・ヨハンソン(メアリー役)の、
迫力の演技の影響で、余計にせつなくなってきた部分もあると思う。

私にとっての2人のイメージは・・・
ナタリー・ポートマン→「レオン」・・・ジャン・レノと共演
d0056881_21204661.jpg

スカーレット・ヨハンソン→「モンタナの風に吹かれて」・・・ロバート・レッドフォード
                                   と共演
d0056881_2121127.jpg




私・・・普通の娘でよかったよぉ。
昔の人は、いろいろ大変だったんだね・・・。
ま、それも、庶民のレベルではなく、貴族クラスだけれど(汗)・・・


ちなみに、この姉妹の母親役は「クリスティン・スコット・トーマス」という、
イギリスの女優さん。
d0056881_21213134.jpg

ヒュー・グラント主演の「フォー・ウェディング」で、静かながら存在感が
あった、気になる人だった。
この方は、「モンタナの・・・」で、スカーレットと共演しているの。
凛とした女性なので、連休中に映画で迷ったら是非っ!
by nao-takatoh | 2008-11-21 21:21