高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

Swing Out Sister。。。

ビルボードライブ東京にて・・・

答えから言うと・・・聴き入ったよね・・・

大人な時間だったよね・・・

おしゃれな人って、この人の事を言うんだよね・・・

d0056881_225616.jpg



1984年に結成された、Swing Out Sister。
当時は3人・・・今は2人。

キーボードのアンディ・コーネルの操るメロディに心地よく乗っているのが、そのスタイリッシュな人。
ボーカルの「コリーン・ドリューリー」。

トレードマークの黒髪&ボブ・・・
白と黒の、ボックス型の膝上ワンピース。
タイツも黒・・・

モノトーンのコリーンがステージに上がると、シックな色なのにそこだけ際立つ存在感を
華っていたんだよね。

デザイナーでもあり、モデルでもあった・・・さすが、オーラがすごかった・・・!

決して派手な動きをしていないのに、その動き?体の流れ?・・・とてもなめらかで見とれるでしょ・・・

そして、コリーンといえば・・・どこで聴いてもすぐに分かる、あの声・・・

角のとれた声・・・
潤った声・・・
濁りのない声・・・

こんなに、声も美しい人だったんだね・・・ライブならではの感動も。


ドラムじゃなく、パーカッションが唯一派手な音でね。
ギターにベースにキーボード、そしてコーラス。
シンプルな音だったからこそ、余計に美しいあの声が際立って・・・

お客さん達も「キャ~!」「ワァ~!」が出ないほど、その世界観に引き込まれていたはずよ。。。

いやぁ・・・こんなにうっとりと聴けるライブだったとは・・・。

大ヒット曲「Break Out」も、ジャズ調になると、それはもう大人な感じよ。
You On My Mind
Now Your'e Not Here
Am I The Same Girl?
Surrender

どれも、行き過ぎないアレンジがちゃんと施されていて、コリーンもジョーク&なぜかフラフープで
テンションも静かながら↑

上質で・・・大人のライブだった・・・

明日まで・・・@ビルボードライブ東京

絵にもなるライブです・・・

女性磨きのヒントにも、なっちゃった。

さすが、モードなデュオです。
by nao-takatoh | 2009-02-27 22:59