高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

舞浜 DE ミトカツユキ。。。


舞浜クラブイクスピアリ。。。
d0056881_2315897.jpg

ミトカツユキさんのライブだった。
d0056881_2321335.jpg

めいいっぱい・・・満席っ!

熱気・・・ムンムンッ!
d0056881_2421763.jpg

11日にリリースされたニューであり、ベストな出来のフルアルバム「THE PIANO MAN」を
生で聴ける日がやってきて、私自身も本当に楽しみにしていた。



このアルバムで、最初に聴いて鳥肌と涙が出そうになった曲「君が好き」。

ライブが始まって早々、歌ってくれて・・・

やっぱり、この曲は名曲だと確信。。。

イントロで感動する曲・・・すごいでしょ。



そして、ゲストアーティストも次々と登場する中、この一瞬をもっていっちゃったアーティストが・・・!

中西圭三さんだ。
d0056881_2414262.jpg

自身の曲では「Woman」、提供した曲では「CHOO CHOO TRAIN」が、あまりにも有名ね。
(個人的には「Ticket To Paradise」とか「非常階段」が好き)

久しぶりに見た中西さん・・・幸せの証か?

ふっくらとしていて、笑顔も満面・・・トークも絶好調でね・・・

「こんなに面白い人だったんだ・・・」って、見方が変わったほど。

その中西さんとミトさんは、アルバムの中でコラボレーションをしていて、「Face to Face」を
貫禄のボーカルで。。。
d0056881_2431862.jpg

ミトさんのハスキーな声と、中西さんのツヤツヤの声が、ものすごく心地よかった。。。

そうそう、Womanも歌ってくれたし♪

ミトさんと知り合った経緯や これまでの縁など、何を喋っても面白お兄さんになってた。

しかも!!!

学生時代に、東京ディズニーランドのスペースマウンテンで、バイトをしていた事もあるそうで!!!

・・・とにかく、たっぷりと中西TIMEを味わいました。




ミトカツユキライブ・・・ラストには、弾き語りで「Identity」も。。。

「キミがいれば」は、私の中ではすでに殿堂入りしているので、今夜は聴けなくてもいいの♪

ファーストアルバムを、思いっきり堪能させてくれた。

ファンキーで叙情的で・・・

曲によって、同じピアノで弾いているのに 全く違う空気を含んだ音がそこから発せられるのが、
ミトさんの魅力。。。

エネルギッシュなのに、繊細で・・・

ミトさんの魔法のピアノだ。

あんな風にピアノが弾けるなんて、気持ちいいだろうなぁ・・・

伸びのいいボーカルに、とことん音色が寄り添ってるし・・・

見るたびに しっかりと次のステップに上がっているステージングも、素晴らしかった夜でした。。。




でも・・・

会うと、いっつもこの屈託のない笑顔。
d0056881_2325025.jpg

                                   ↑
                          ミトさんの 凹ませたおなかに注目
                           これ以上は、ノーコメント(笑)


d0056881_233077.jpg

帰りの足取りも、妙に軽かったなぁ・・・
by nao-takatoh | 2009-03-28 02:43