高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

極楽園な三好和義さんと。。。


仏像写真に囲まれて・・・

凛とした気持ちのなか、楽園写真家・三好和義さんと。


d0056881_0415616.jpg
30を超える国宝級の仏像の写真が、大きな襖に和紙でプリントされている展覧会の空間。。。

実物が大きな作品も小さな作品も、同じ大きさでプリントされているのは、とても興味深い。

だから、迫力もおおらかな表情も、同じ分だけ伝わってくる・・・



なかでも、私が1番印象に残った作品は・・・

日本で最も有名な仏師(「ぶっし」と読むそう)の、運慶が作った「大威徳明王像」。
                                       (だいいとく)

1216年(建保4年)に作られた、それはそれは小さなサイズ。

21.2cmというサイズながら、顔のアップを捉えたその写真は、強さを放った凛々しい明王だ。

眼力が、半端ではないのだ。。。




これまで、仏像を全体像でしか見ていなかったけれど、表情の豊かさや口元が今にも
動きそうな迫力・・・今回の三好さんの写真で、仏像に興味がわいてきた。

また、仏像にはモデルがあって、決まりごとがあって・・・

「如来」や「菩薩」、「天」「明王」など、それぞれが違う役割なのですね。。。




16日(木)まで、銀座の和光ホールで行われている、三好和義さんの写真展「極楽園」。

違う時間を、是非過ごしにお出かけくださいね。


今日、bay fm「ベイラインGO!GO!」で紹介した三好和義さん情報は、番組の火曜日ブログにも
詳しく載っているので、こちらもご覧になってくださいね!
by nao-takatoh | 2009-04-15 00:41