高頭なおの日記です。


by nao-takatoh
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

アル・マッケイ・オールスターズ♪


こんなに素晴らしいステージを見られて、本当によかった!!

ディスコになっていた!!



1970年代~長いキャリアを誇るファンクバンド・・・EARTH、WIND&FIRE。

ついつい、モーリス・ホワイトやフィリプ・ベイリーに目がいきがちだけれど、アースの
黄金時代を支えた名ギタリスト「アル・マッケイ」なしでは、もしかしたら・・・もしかしたら・・・ですよ。

だって、誰もが知っているであろう大ヒット曲「SEPTEMBER」(78年)は、このアルさんが
作曲したんですよ~!

「SING A SONG」も作曲されなかったら、みんなで大合唱することも、もしかしたら・・・ですよ。



場所はおなじみ・・・ビルボードライブ東京。

ステージに上がってきたのは、13人の「アル・マッケイ・オールスターズ」。

d0056881_23145530.jpg

ステージは・・・メンバーで、ギュウギュウ詰め。

そんな大所帯から、ホーン・セクションが、すごい迫力で・・・

ボーカリストが3人!
みんなそれぞれ声の個性が違って、歌が上手いのはもちろん、トリプルで声が重なった時は
鳥肌モノ!

それに、サックスを吹いていたエドさんったら・・・!
サックスが「鳴く」とは、こういうことなんだ・・・とね。

しかも・・・!

インパクト大のホーン・セクションでね、トロンボーンは日本人の平石 勝俊さん。

・・・すごいよね。

もちろん、アルさんのギターはお客さんが「ウワァ~!!!」の拍手。

みんな、1級のアーティストが集まっている「アル・マッケイ・オールスターズ」。




「#宇宙のファンタジー」でエッジのきいたメロディーから、「#After Love Has Gone」で
バラードをしっかりと聴かせてくれて・・・

やっぱり、EARTH,WIND&FIREは、永遠のスタンダードであると感じた夜でした。。。




ちなみに、私が1番最初に洋楽に目覚めたのは、アース。

兄が高校生の頃、アースのコピーバンドをやっていてね。。。

ライブがあるから・・・と、母にスペイシーな衣装を作ってもらっていたのです(笑)。

こんなに派手な衣装のバンドって・・・?って思ったなぁ・・・


プラス・・・のちなみに・・・

洋楽アーティストで1番多くライブに行ったのも、アース。

やっぱり「SEPTEMBER」を聴くと、アドレナリンが出る・・・かな(笑)。
by nao-takatoh | 2009-04-29 23:15